誠和株式会社
ドライブレコーダー
地震・災害対策
セキュリティ
省エネ
衛生・健康
3Dプリンタ関連
その他
 
決済方法・配送
特定商取引法(表記)

F・E・Mガードシステム




長周期地震動、短周期地震動に
対応する画期的な免震システム!
F・E・Mガードシステムは、【日本フォームサービス様】製造 詳細は→こちら

F・E・Mガードシステムの特徴     
F・E・Mガードシステムは、従来のサーバーラック用免震装置では対応が難しかった「長周期地震動」に対する、画期的なサーバラック免震装置です。
サーバラック搭載イメージ
床固定が不要、あらゆる環境に対応!
容易に装着が可能、短時間での設置が可能!
搭載荷重800Kgに対応!
形状・寸法は搭載するサーバラック、設置環境に合せ設計
OA機器、医療機器の免震も設計から対応可能!
   
長周期・短周期の地震動に対応可能なサーバラック免震装置     免震メカニズムのイメージ
 
「F・E・Mガードシステム」の免震メカニズム
 
F・E・Mガードシステムは、短周期地震動、長周期地震動でそれぞれ異なるメカニズムで地震の衝撃を緩和している。
短周期地震動では、免震機構部が転がることで地震の衝撃を吸収し、長周期地震動では『滑り摩擦』によって転がりを制御することで、重量の暴走を抑止します。
   
性能試験により高い信頼性を確認   【試験機関】 株式会社MTI 横浜試験場
   
東日本大震災(築館観測波)の地震波(疑似)による振動試験でサーバラックの転倒が無いことを確認!
   
長周期地震動(疑似)による振動試験でサーバラックの暴走が無いことを確認! 
   
 
◆F・E・Mガードシステムは安全面への配慮、容易な施工を実現したサーバラック免震装置です。

 長周期地震動とは

地震発生時に通常の振動波とは異なり、約2~20秒の長い周期で揺れる地震を指す。
新潟県中越沖地震、東北地方太平洋沖地震などの大規模な地震は長周期地震動であると観測されている。
これまでの地震構造、制震構造は長周期地震動への考慮が成されておらず、抜本的な対策が求められている。

機器装着方法について 

装着が容易に行える部品構成により、短工期での地震対策が可能!
ラック間の連結も対応可能
専用ベース上に本体を置き、ラックを搭載します。(※専用ベースはオプション)
チャンネルベースをラックに据え付けたままの搭載も可能
キャスター付ラックの搭載も可能(※オプション)
ジャッキマン!!(別売品)を使用すれば、サーバラックを水平にジャッキアップできるので、機器実装状態でF・E・Mガードシステムへの搭載が可能です。 

※専用ベースはオプション

【注意事項】
  • サーバラック免震装置「F・E・Mガードシステム」は地震によるリスクを低減する装置であり、搭載物の無被害を保証するものではありません。
  • サーバラックを搭載する際、機器メンテナンスなど作業を行う際は、ストッパーを取付けF・E・Mガードシステムを固定してから作業を行ってください。
  • 地震発生時に設置面を滑動することがあります。免震効果を維持する為に周囲に物を置かないでください。
  • 本製品は免震装置です。キャスターではありませんので、本製品を使用しての移動は行わないでください。
  • 屋外では使用できません。室内環境でご使用ください。(但し、直射日光が当たらないこと、結露なきこと)

導入事例【サーバラック免震装置】 



関連製品へのリンク 

免震装置関連製品
 『ジャッキマン』
製品情報はこちら
 ※日本フォームサービス様ホームページへジャンプします。

既設サーバラックの地震対策、免震装置設置も承ります。どうぞお気軽にお問合わせください。

お問合せは こちらへ どうぞ
弊社担当にもお気軽にお問合せください。


個人情報の取扱い |  本サイトについて |  サイトマップ |  リンク

Copyright (C) SEIWA,Inc All rights reserved